消費者金融での借入を完済しなければ住宅ローンは組めないのか

消費者金融での借入を完済しなければ住宅ローンは組めないのか

住宅ローンを組みたいと考えているのですが、消費者金融からの借入がまだ少し残っています。この場合は完済していなければ住宅ローンの審査に通りませんでしょうか。

完済していなければ審査は落ちます

完済していないのは論外ですが、過去に消費者金融で借入があった場合、住宅ローンの審査では不利になります。経済的に不安があるということで信用してもらえないからです。しかし、消費者金融からの借入をしてしますと、もう住宅ローンは絶対組めないのかというとそうではありません。誰であっても簡単に銀行からお金を借りれる人ばかりではありません。しかしお金が必要な場面もあるでしょう。

そこで過去に消費者金融を利用した場合はどうすれば住宅ローンを組めるのかというと5年経過していれば問題ありません。誰であっても資金ぶりがうまくいっていない時代はあるでしょう。ですので、5年経過していれば現在、経済的にも信用される状態であれば審査は通るということです。

完済し解約していることが前提ですが。また現在、まだ完済できていない方は、まず完済をし、すぐに解約しておくことが重要でしょう。そして遅延などがあり、事故を起こしている場合は5年間は信用情報機関に状況が残っていますから、完済し解約し、新規での他社を含めた消費者金融の利用を控えましょう。まずは信用されることを第一としていきたいですね。

消費者金融の借金を完済していれば住宅ローンの審査も受かります

過去に消費者金融を利用していると、いざ一戸建て住宅やマンションを購入しようとしたとき、申し込んだローンの審査に落とされる確率が高いと言われているようですね。ですが結論から言いますと、消費者金融の借金を完済していれば住宅ローンの審査も受かる確率が高いので、それほど心配することはありません。

ローン会社に借入を申し込むと、どこの会社であっても審査が行われますが、その審査は指定信用情報機関を通して行うことになります。過去にローン会社を利用するとそこに登録されることになるので、調べればすぐに、これまでどれだけのお金を借りて、返して、残っているかなどの利用状況がわかるようになっています。

金融機関が利用している情報機関はいくつもありますが、それぞれが情報交換をしているので、住宅ローンや自動車のローンに申し込むと、銀行や信販会社にも消費者金融の情報は届くようになっています。たとえ借金をすべて返していた場合でも、その情報は完済日から5年間は記録に残るので、照会することが出来ます。ゆえに5年を過ぎていたら、住宅ローンでも、自動車ローンであっても審査に落とされる可能性は少ないでしょう。

ですが完済後5年以内に申し込んだのに、何の問題もなく、審査に合格したという人も多数存在します。これは各金融機関の判断に基づくものなので、会社によって審査基準が違うとしか言えませんが、やはりこれまで一度でも滞納したことがある人の場合は、同じ条件であっても落とされる確率が高いでしょうね。
真面目にコツコツ返済していた方なら、合格しやすいはずです。

自己破産や任意整理など、これまで債務整理の経験がある方なら、さらに合格するのが難しくなるので、合格するか否かはすべて自分の信用情報がどれだけ高いか低いかにかかっています。信用情報が高ければ高いほど合格しやすいので、家やマンションを購入しようと思ったら、試しに確認してみると良いかも知れませんね。